インプラント色々

インプラント

折れた骨を固定する為に埋め込まれるボルト、心臓疾患の治療目的で埋め込まれるペースメーカー、聴覚を保護する為の人工内耳、失われた歯の代替で使われるデンタルインプラント。これら体内に埋め込まれる器具の総称が「インプラント」です。

医療目的で使用される器具だけではなく、豊胸用のシリコンパッグ・食塩水バッグ等、美容目的で体内に埋め込まれる器具も「インプラント」に含まれます。

インプラント構造図

当サイトでは、関連技術・器具の発達で成功率や安全性が確立されつつあり、また装着後の使用感にも定評のある「デンタルインプラント」を紹介させていただきます。以下、当サイト内で、特に断りなく「インプラント」との記述があった場合、この「デンタルインプラント」を指します。

尚、当サイト内のイラストに、若干行き過ぎた表現が含まれる場合がありますが、内容自体は実地調査・聞き取り調査で集めた確度の高い情報ですので、ご容赦ください。

メニュー
トップページ インプラントのしくみ インプラントの長所と短所
 

最近目が霞むという方は

歯と同じように年齢とともに悪くなるのは目。視力が落ちてしまう事は問題ですね。特に遠くは今まで通り見えるのに、近くは見なくなったという場合は老眼を疑った方が良いでしょう。老眼は眼球の衰えによっておこりますが、一説には視力の良い人ほど早く老眼になると言われています。

少し悪くなっただけでは自覚症状が出にくいのも老眼の症状の一つ。すごく近くが見えにくくなるだけなので、気が使いないことが多いのです。症状が軽いうちに対処するためにも気になったら早めに診断を受けましょう。

治療にかかる費用について

インプラントの施術には1本あたり15万円から30万円かかると言われています。保険診療ではなく自由診療となるからです。最近では数本を一度に施術する場合、間をブリッジのような形式にすることで1本あたりの費用を抑えられるやり方もでてきましたが、まだまだ高いというイメージがあります。

その為、施術をためらったまま過ごしたり、ブリッジや入れ歯で済ます方もおおいようです。中には費用をFX(外為証拠金取引)で賄おうとする人もいて(参照)、逆に損してしまったという笑えない話もあるくらいです。

金額的には躊躇うインプラントですが入れ歯と違い、自分の歯のように使え、手入れも通常の歯磨きをすれば良いので、最終的には施術を選ぶ方が多いようです。

鼻は、顔の真ん中にあるパーツです。中心にあるだけに鼻の形状で顔の印象も全然違います。美容外科で鼻を高くするには、ヒトの軟骨に似ている医療素材でできたプロテーゼを希望のデザインに加工して挿入する手術から、ヒアルロン酸を注入するだけで簡単に鼻を高くできるプチ整形まであります。また、意外に悩みが少なくないのが鼻先や小鼻の悩みです。鼻尖の形成術では鼻の軟骨を手術で組み替えることでだんご鼻や上を向いた鼻先の改善が期待できます。小鼻の付け根を切除してバランスを整える手術では、大きい小鼻に悩んでいる方に最適の手術となっています。

横浜のおすすめ美容外科はこちらから